本当に出会えるアプリを選ぶための条件とテクニック

女性と出会うためには、本当に出会えるアプリを選ぶことが第一条件です。
そこで今回は出会えるアプリを選ぶための2つの条件を紹介しておきます。

健全な運営をしている出会い系アプリを選ぶこと

ごくごく当たり前のことなんですけど、詐欺サイトやサクラばっかの出会い系アプリを使っても、女性と出会える可能性は限りなく0%に近いでしょう。
まず健全な運営をしている出会い系アプリを選ぶことが必須条件となるのですが、これを見分けるために覚えておいてほしいのが「インターネット異性紹介事業」としての届出を済ませていることです。

これは平成20年の12月から施工された比較的新しい法律なのですが、インターネットを介して異性同士の出会いを提供する場合、監督機関への届出が義務化されているのです。

もしこの届出を怠っている場合、その出会い系アプリは違法営業していることになり、法律すら守ってない悪質な業者が営業している可能性が高いことになります。
LINEとかモバゲーなどのSNSアプリなどを利用している人も多いと思いますが、これらのSNSアプリと出会い系アプリはまったく別物だということを覚えておきましょう。
わかりやすく説明するならワクワクメールやハッピーメールなどは出会い系アプリなので、公的機関への届出が必要なのに対し、LINEやモバゲーは非出会い系アプリなので、これらの届出は必要ありません。

つまり、わたし個人の考えとしては年齢認証などをしっかり行っている出会い系アプリに比べ、年齢認証などの義務がないLINEやモバゲーの方がよっぽど危ない出会いのツールだと思っています。
年齢認証がない分、未成年が利用していたり、援デリや裏デリなどと言われる業者も多く利用しているからです。

知らず知らずのうちに未成年の女の子とエッチしちゃって警察さんのご厄介になってしまった!なんてことがないように、年齢認証がしっかりしている出会い系アプリなどを使う方が色々なリスクは低くなるのは言うまでもありませんよね。

アプリの宣伝広告を熱心に行っている

pcmax
つぎに2つ目の条件として挙げたいのが、女性会員の獲得活動です。
出会い系アプリで一番難しいとされているのが、女性会員の獲得だといわれているのをご存知でしょうか?

男性会員というのは、ちょっとエッチな雑誌だったり、エロ動画サイトなどに広告を載せればすぐに会員は集まってきますww
しかし、女性会員の場合はそう簡単ではありません。男性に比べ女性の方が警戒心は絶対的に高いので、エロ雑誌やネットで見たくらいでは警戒心の方が強く、そう簡単に登録なんてしてくれません。
そのため、あらゆる手段を用いて女性への広告活動を行っているわけですが、その代表的なものが駅前などでのティッシュ配布だったり、女性誌などへの広告掲載だったりします。
最近では街中を走っているラッピングバスや地下鉄構内に大きな看板を掲げている出会い系アプリも目にすることが多くなりましたよね。
これらの広告というのは、基本的に女性会員を集めるための宣伝活動だと言われています。
しかもその宣伝活動に使う費用は、大手の出会い系サイトだと年間数億円単位というから、さらに驚きです。

それだけの資金を投じて広告活動するためには、当然それなりの財力が必要となりますので、必然的に大手の出会い系サイトしか実施することは不可能です。
そうなると、資金力がない悪質な詐欺サイトや騙し目的の悪徳出会い系アプリなどは女性会員を集めることができませんので、それらをサクラ(女性のフリをした偽会員のこと)で補うしかありません。
結局、「女性が集まらないのでサクラを使う→男性会員が集まらない→さらにサクラを雇い少しでも多くのポイントを消費させるようとする」という悪循環に陥ってしまいます。

必ずしも優良出会い系アプリの条件がこの2つだけとは限りませんが、最低限でもこの2つは確認してから登録する出会い系アプリを決めるようにすることで、詐欺サイトや悪徳な出会い系アプリに騙されるリスクは大幅に減ると思います。

本当に出会える出会い系アプリのランキング

ranking
ここまでで、どうやって出会い系アプリを選んだらいいのかは大よそ分かってもらえたと思います。
最後に、エッチな女の子が集まる出会い系アプリのランキングを紹介しておきますね。

出会い系アプリランキング@おっちゃんのおすすめBEST3

このサイトは実際に管理人さんがアプリを使って女の子とヤレるか挑戦している体験談と、実際に会えた人数からランキングを作っているので、凄く参考になるかと思います。
このランキングを見て、あなたも楽しい思い出いっぱい作ってください!笑